ナゴヤの“女磨きマガジン”月刊ケリー

 

2016年09月11日

本日初日! ポール・スミス展


イギリスのファッションブランド〈ポール・スミス〉。
2013年にロンドンで開幕した展覧会「HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」が、ついに日本へ。
国内では、京都、東京を巡って本日より、名古屋・栄の松坂屋美術館でスタートしました!

ポールスミス展.jpg

わずか3メートル四方のショップから始まった、ブランドの歴史はもちろん、ロンドンにあるオフィスの完全再現や、ポールが集めたアートウォールコレクション、さらには「エビアン」や「ミニ」とのコラボレーション作品など、デザイナー、ポール・スミスのアイデアの源を垣間見ることができます。

さらに、今回の展覧会は撮影OKというのも特徴の1つ。
そこで「ここは見逃してほしくない!」というポイントを、
編集部がリサーチしてきました!

●早めに行くほど、より楽しめる先着企画!

チケットで入館の方の中から、
先着1万名にはオリジナルイヤホンをプレゼント。
各展示コーナーにあるQRコードを
スマートフォンなどで読み取ると、
スペシャルアンバサダーの松田翔太さんによるナビゲートや
音声ガイドが楽しめます。
さらに、展覧会の最後にあるフォトスポットでは
「#hellopaulsmith」のハッシュタグをつけてSNSに写真を投稿すると、
先着5000名限定で記念のプリントカードを発行してくれる企画も!

IMG_8327.jpg

●名古屋限定の仕掛けも注目

入口のすぐ左手には、
ショーウインドウの作り込みにもこだわりのある
ポール・スミス流の遊び心ある
ウェルカムジョークが隠れています!
ぜひ見逃さずにCHECKして。

名古屋企画.jpg

●デザインの元になったヒントを公開

〈ポール・スミス〉といえば代表的な、
マルチボーダーのパターンは
カラフルな糸巻からインスピレーションを受けたものだった!?
楽器のアコーディオンが多収納なバッグのヒントだった!?
日本で出合ったスパゲッティの食品サンプルが、
そのままシャツのプリントに!?
など、日常のあらゆるものから〈ポール・スミス〉の
デザインが生まれていることに気付く展示は発見の連続。
常にカメラを持ち歩いているというポールの、
アイデアソースが満載です。

image.jpegIMG_8295.jpgimage1.jpegIMG_8284.jpg

●記念のフォトスポットも人気
展覧会のなかには、
ついポーズをとって写真に残したくなるフォトスポットが点在。
「#hellopaulsmith」のハッシュタグ付き投稿は、
本国のスタッフやポール自身もチェックしているとか!?
公式にリツイートされちゃうかも…!という期待も楽しみつつ、
ぜひ展覧会の魅力をシェアしてみてくださいね。

IMG_8289.jpgIMG_8299.jpg

===============================

ポール・スミス展
HELLO MY NAME IS PAUL SMITH

2016年9月11日(日)〜10月16日(日)会期中無休
午前10時〜午後7時30分(最終日は午後6時閉館)
※いずれも入館は閉館30分前まで
松坂屋美術館(中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店南館7階)
当日入館料/一般 当日1100円、高校・大学生900円、中学生以下無料
http://paulsmith2016.jp/

posted by ケリースタッフ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441833717
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック